ネズミの嫌な予感が当たりそうです。
希の兄の北沢徹が奴隷キャンプにいたことが分かりました。すると希と聡は手を取り合って喜ぶのでした。この姉弟は兄に命を助けられて生き延びました。その後はとらわれた兄を探すことを最優先に血の楽園まで来たのです。これは大変な苦労があったと思われます。ですから兄の情報があっただけで今までの苦労が報われたということになります。彼女らの内心を思うと心を揺さぶられました。
ネズミはうまくいきすぎていると警戒しています。こんな時はほかで悪いことが起きるものです。ネズミは明たちに不幸があるとか勝次が死ぬという予感を持っています。私は明が死ぬことは考えにくいですが鮫島と勝次はどうなるか気になりました。勝次の治療は本編の目的ですが、それ以外はパーティに不必要なキャラクターです。ムードメーカーという面はありますが戦力としては無意味です。ですから勝次が死んでも今後のストーリーを妨害しないのです。逆に鮫島が死ぬと明の次に戦闘能力のある後衛が失われます。明が前方で戦っている間に後ろでネズミらを守る役目です。ですから鮫島が死ぬと今後の戦闘シーンが制約を受けることになります。ただ明が血の樽に隠れて鮫島だけで活躍した場面もありました。北沢希との、ほのかな恋心も描かれました。鮫島死亡のフラグは立っています。