怖いサバイバルホラー漫画の感想

なるべく事前情報を入れずにサバイバルホラー系漫画の感想などを書いていく。

彼岸島48日後…第298話の感想とあらすじ

吸血鬼と拳銃について考えさせられました。
明と鮫島は自由の女神の近くでネズミ、ユカ、勝次、希、聡と再会しました。特に明と鮫島は血の楽園の外壁を登って潜入できました。私は最初から明と鮫島だけが外壁を登れば鉄札も血の樽も不必要だったなと思ってしまいました。ただ希と聡が兄を探すというサブミッションもあり姉弟も必要です。さらにトリモチで外壁を登るアイディアは関所で暴れたときに偶然思いついたわけですから、やはり関所まで来る必要はあったわけです。
さて腹ごしらえをしていた明チームは吸血鬼の警察官に囲まれました。私が着目したのは警察官があまり拳銃を使っていないという事実です。味方の警察官を両断されたのですから距離を取って射撃というのが自然な流れです。しかし他の警官は警棒のようなものを持って集団で飛び掛かってきました。そうなれば明と鮫島の接近戦で勝負は見えています。吸血鬼が銃撃をあまり重視していないという描写かと思われます。
ウィルスの感染で射撃のような精密な作業が出来なくなるという可能性はあります。しかし吸血鬼の元スナイパーは人間だったときのように仕事をこなしています。弾丸が貴重で銃の練習ができないということはあり得ます。素人の吸血鬼を警察官に登用して射撃訓練も満足にしていないとなれば現場で使用をためらうということです。
ところで吸血鬼は頭部の破壊と首の切断をしないと死なないことが分かっています。さすれば拳銃で撃たれても首と頭部さえ弾が避ければ致命傷にはならないのです。もしこれが人間なら腹や手足の太い血管などを撃たれれば出血多量で致命傷になります。そもそもどこに当たっても激痛で動けなくなるわけです。吸血鬼は拳銃でも限定された急所に当たらなければどうということはないのです。警官があまり拳銃の使用を重視していないというのも納得できました。警官らが明チームを吸血鬼だと思い込んでいれば銃で腹を撃ったぐらいでは止まらないのですから棒で頭をつぶすしかないのです。



彼岸島48日後…第297話の感想とあらすじ

拳銃はあまり使わないようです。
希、聡、ユカ、ネズミは上級地区へ潜入しました。そこは昔のお台場のようにピカピカのショッピングモールが稼働していたのです。上級市民であれば夢のような普通の生活ができるわけです。一足はやく潜入した勝次はヒー坊の防衛本能により多数の吸血鬼を殺してしまっています。そして指名手配のビラが貼られて顔写真が出回っていたのです。
勝次は屋上で警官らに追い詰められました。彼は多数の吸血鬼の頭を割っている凶悪犯ですから大変です。しかし勝次は飛び降りてさらに逃走を成功させました。後ろから撃たれることもなく逃げ切りです。私は拳銃の数は警官ひとりに一丁と行きわたっていますが弾が無いのではないかと心配になりました。いくらショッピングモールに商品を補充できるほどの街でも弾丸を自作できるほどの能力はないのです。さすれば射撃の訓練も実弾では難しく大切に弾丸は扱われているはずです。楽園内にいる者は札10枚の猛者たちです。ただ元警官がそれほど多いわけではないはずですから射撃の腕前は悪いはずです。ですから拳銃も持っているだけで、実践ではあまり役立たないとも考えられます。むろん勝次を生け捕りにしろという命令が出ている可能性もあります。



彼岸島48日後…第296話の感想とあらすじ

西川高史の弱さに困惑させられました。
人間の奴隷のテントでは北沢希が新たな目的を得ました。兄を殺した豹丸を討つのです。そのためには上級地区に入り明と自由の女神の下で合流する必要があります。余談ですが希は英雄であった兄のリーダーシップと同様のものを持っていて奴隷人間たちを鼓舞しました。これは抑圧からの解放を象徴する自由の女神と希と重ねていると読めました。あるいは元アイドル歌手のユカが歌って奴隷たちの元気を取り戻すというシーンも自由の女神を見て取れます。
奴隷人間が労働地区で暴動を起こして希たちが上級地区へ潜入する作戦が実行されました。上級地区への扉は入国審査をされた事務所にあります。そこで札の数を確認して振り分けるわけです。担当の西川高史の温和な表情から彼は平民の吸血鬼だと私は考えていました。上級なのに労働させられているのも妙なのです。しかし倒した西川の体からは上級市民のカードが出てきたので確定です。ただ西川が上級だとすると弱すぎるきらいがあります。上級市民は札10枚と血の樽を持って堂々とレインボーブリッジを渡った猛者どもです。とても西川がそれをやってのけたとは思えないのです。いくら多数の人間が武器を持って乱入したとしても上級市民なら素手で数名を瞬殺するはずです。
西川の弱さの整合性のある解釈として、仲間とともにレインボーブリッジを渡ったという可能性があります。思えば明チームも鮫島が大活躍して非力な希、聡、ネズミ、ユカが楽園に入場できました。つまり仲間に猛者がいれば西川のようなデスクワーカーも札10枚で上級市民として入れるのです。