怖いサバイバルホラー漫画の感想

なるべく事前情報を入れずにサバイバルホラー系漫画の感想などを書いていく。

ハカイジュウ第72話の感想とあらすじ

メシアとは誰なのか、ようやく予想できました。
陽はクローン装置を使っても劣化コピーしか生まれないと言っています。しかし白マッシュルームのマスターは装置を使えばそれまでの記憶なども受け継ぐ秘術を持っていそうです。そうなればメシアを肉体的に復活させれば記憶なども移せてパーフェクトメシアが出来上がります。まさに不死の秘法です。ここでどうしても復活させたいメシアとは誰なのかが問題になります。私は武重ではないかと予想しました。武重はスカイツリー本部が襲われたときに帝王を封印するために自らの体を犠牲にしました。たしか武重も自我を残す融合体でありレアな個体でした。つまり陽を凌駕するような実力の持ち主だったのです。






ハカイジュウ第71話の感想とあらすじ

すでに地上はカイジュウが闊歩しているので決戦の重要性がわかりませんでした。
魅央はなんとかブツブツモンスターの体からレンを助け出しました。しかし力を入れたためか融合が進んでしまって外見はツリーマンのようになってしまいます。あの美しい魅央の顔までも木と融合したようなひどい見た目です。これで精神まで融合してしまえば彼女は自我を失います。
大阪城の近くではブツブツモンスターと太陽の塔の戦闘が続いていました。太陽の塔はカイジュウの細胞と融合した感じで絢士が操縦しています。さらにブツブツモンスターもカドワキ、ソウマが操縦してパワーアップしました。戦いはインフレを始めて迫力が出ていますが第一部ではトール型を大きく超える帝王タイプも出ましたから何だかなあという感じです。そもそも帝王型と戦っていた陽がいるのですから彼が出てくれば良いだけです。ブツブツモンスターなど一刀両断のレベルかと思われます。







ハカイジュウ第70話の感想とあらすじ

複雑ですが理解できました。
まず白マッシュルームのナルミはエボル集団を率いて大阪城に乗り込みました。その目的は新たなメシアを作るためにクローン製造機を奪うことです。大阪城の陽は自己のクローンを部隊を率いて絶対に装置を使わせないために戦闘を開始します。外ではあべのハルクスに幽閉されていたトールタイプのカイジュウが進軍しました。これは双頭のぶつぶつモンスターである程度、ナルミの指示を聞くような感じです。困ったことに姉の調査として潜入したレンがぶつぶつに飲み込まれています。これはエイリアンにつかまった人間のようにまだ生きていてます。彼を助けるために魅央、キイチ、ナナセが進軍に参加しました。彼らはナルミの戦争に賛成していませんがレンを助けるために行ったと考えられます。