怖いサバイバルホラー漫画の感想

なるべく事前情報を入れずにサバイバルホラー系漫画の感想などを書いていく。

ハカイジュウ第78話の感想とあらすじ

復活した武重は全裸でカッコよくなっていました。
武重のクローン復活を阻止するためにラボにいた魅央と精鋭たちはあべのハルクスまできました。ジェットハンマーで玄関をぶち破るとそこには多数の遺体と壊れたクローン装置がありました。武重はすでに復活しておりマスターことナルミは消えていました。魅央たちが屋上に行くと全裸の武重がアキラよろしく座っていました。武重はまだ記憶が戻っておらず殺人の衝動が抑えられないと言うとラボの精鋭たちを次々になぎ倒していきました。なるほど武重もトール型を倒す実力も持ち主ですからキャリアが違うのです。記憶を失ったとて体がその体術は覚えています。
さてラボから来た精鋭のエボル部隊ですが、彼らは幼少期からエリート教育を受けている才能抜群の若者です。武重陽の細胞はエボル化しても自我を失わないという特殊なものでした。その細胞をとりあえず子供に打ちまくり生き残った精鋭を訓練して部隊に入れています。となれば中型カイジュウぐらいなら退治できる実力があるのです。その精鋭部隊が束になってもかなわないのが武重です。帝王をのぞけば地上最強のエリートエボル部隊はお高く留まっていて鼻につきました。彼らをトントンと倒していく武重には痛快な感じを受けました。




ハカイジュウ第77話の感想とあらすじ

エボル化して顔が変わるのは、いかがなものかなと思いました。
鷹代陽は死に大ピンチに陥りました。そのとき大阪城の外から壁をぶち抜いて助けに入ったのが太陽の塔ロボでした。ロボには絢士が乗っていて大阪城から魅央らを救い出し撤退しました。そこへ早乙女が現れてラボに彼らを連れて事情を説明しました。まずマスターは帝王を復活させて地上を更地にしてエボルだけの世界にすることを狙っています。そのためには帝王と融合できる武重を復活させる必要があるのです。それが可能なのがクローン装置ですでにそれはマスターに奪われました。しかしまだ復活には10日の猶予があり、それまでにあべのハルクスのマスターたちを攻めてクローン装置を叩き壊すことが魅央らのミッションとなります。
さて魅央や絢士はエボルで興奮すると体が変化してしまいます。その際に顔まで変わって装甲で覆われたようなかんじになります。私はそうなると誰が変身しているのか分かりづらいなと思ってしまいました。特に鷹代親子や絢士、武重らは変化後の姿が似ていて見分けづらいのです。魅央だけはセーラー服をかろうじて着ていますので判別できます。ただそのセーラー服も顔のアップのコマでは見えないためやはり誰の顔なのか怪しくなってしまいます。










ハカイジュウ第76話の感想とあらすじ

とうとうクローン装置を奪われてしまいピンチです。
マスターはゲスい方法で人質を取ったりしますが魅央はスキを見て形勢逆転させました。その間に絢士は太陽の塔を操縦していましたが暴走モードになって制御しきれなくなります。現場は大混乱で、とりあえず太陽の塔の絢士を復帰させてキイチ、ナナセ、レンを保護しました。しかしマスターは混乱の乗じて大阪城のクローン装置をゲットしていました。
そもそもの話ですが武重クローンを作り出せば帝王型を封印できる可能性があります。さらに武重の実力なら地上の中型カイジュウを一掃して人間の領土を奪還できる可能性もあります。つまりクローン装置使用は良いことづくめなのです。試してみる価値はあります。それをマスターはやろうとしているだけで彼は何も悪くないと言えます。たしかにあべのハルクスで人体実験をやったり人質を取ったりマスターがゲスであることは認めます。ただその行動の目的は崇高なのでイマイチ悪役感が不足しています。むしろ明確な理由なくクローン装置を使わせない陽の方が悪なのではないかと思われ大変面白い状況になってきています。陽の言っていた薄い理由のひとつはクローンを作っても記憶や経験はコピーできないので武重は復活しないというものです。マスターは記憶を移す術を持っているらしく陽の理由は当たらないことになります。またもし仮に武重コピーが無能だった場合でも今より現状が悪くなることはないと思われます。そうであるなら一度は武重にクローン装置を使って様子を見てみるのも手だと私は考えています。